月別アーカイブ: 2014年11月

東欧史研究会との共催による合評会

東欧史研究会との共催で、中世ボヘミア史が専門の藤井真生氏の著書の合評会を、以下の要領で開催いたします。奮ってご参加ください。

藤井真生『中世チェコ国家の誕生:君主・貴族・共同体』(昭和堂、2014年)合評会
日時: 12月14日(日) 14~17時
場所: 早稲田大学戸山(文学部)キャンパス 39号館5F第5会議室
評者: 千葉敏之氏(東京外国語大学)、岸田菜摘氏(早稲田大学) 
リプライ:藤井真生氏(静岡大学)

共催研究会「中世西地中海地域における知とモノの相互交流」(ES研第37回例会)

早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉との共催で、ES研第37回例会を開催いたします。今回は、「中世西地中海地域におけるおける知とモノの相互交流」をテーマに若手研究者二名に報告をお願いしました。皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

ES研第37回例会
共催:早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉
日時:2015年1月10日(土) 14:00~17:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館第7会議室
テーマ:「中世西地中海地域における知とモノの相互交流」

報告(1)
野口 舞子(御茶の水女子大・大学院博士課程)
「ムラービト朝期マグリブ・アンダルスのイスラーム知識人」

報告(2)
高橋 謙公(早稲田大学・大学院博士課程)
「中世後期シチリア王国の地中海政策~13世紀の港湾管理Mag. Portulanus・Procuratorを中心に~」