月別アーカイブ: 2008年10月

シンポジウム「中近世ヨーロッパの君主権力とその正統性」

テーマ「中近世ヨーロッパの君主権力とその正統性」
-王位僭称者をめぐって-」
(早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所、「教会と社会」研究会、科研研究会の共催)

2008年11月8日(土)午後1時30分から6時まで
場所:早稲田大学戸山キャンパス 39号館6階第七会議室

司会・趣旨説明
甚野尚志(早稲田大学)

報告者
小林功(立命館大学)「9世紀ビザンツ皇帝の行動と正統性」
三浦清美(電気通信大学)「ツァーリと僭称者―支配と被支配の心理学」
松園伸(早稲田大学)「「僭王」としてのジャコバイト」

コメンテーター
皆川卓(山梨大学)