カテゴリー別アーカイブ: 例会告知

第35回例会開催のお知らせ

次回のES研例会は、早稲田大学高等研究の「新しい世界史の可能性」プロジェクトとの共催になります。詳細は追ってご案内いたします。

日時:2014年10月11日(土)14:00-17:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館16階第10会議室

テーマ「中世地中海世界の聖人と聖性をめぐって」

報告1:
木村容子「中世末期における聖性の収集・記録・伝達-フランシスコ会厳修派を中心に」

報告2:
辻明日香「マムルーク朝期コプト教会における聖人崇敬」

みなさまお誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。

10月例会(第33回)のお知らせ

2012年10月20日(土)14時00分から17時30分
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階 第7会議室

>キャンパス地図

「カロリング期の「書かれたもの」と社会」

報告
(1) 丹下栄 「カロリング期修道院社会統合機能・再説」
(2) 津田拓郎「カロリング期フランク王国における「カピトゥラリア」と宮廷アーカイヴ」

コメンテイター 岡崎敦、菊地重仁

7月例会(第32回)のお知らせ

2011年7月30日(土)14時00分から18時00分
場所:早稲田大学戸山キャンパス33-2号館 第2会議室
(早稲田大学戸山キャンパスは現在工事中です。33-2号館は正門入ってスグのプレハ
ブの建物です。)
>キャンパス地図

小シンポジウム: 「中世フランスにおける国王裁判権と地域統合」

論点開示   佐藤猛

報告
(1) 花房秀一 「ノルマンディ地方のエシキエの変容とフランス王権―封建的裁判
集会から地方最高法廷へ―」
(2) 佐藤猛  「中世末期における高等法院の増設―ブルゴーニュ地方を事例にー」

コメンテイター 堀越宏一

3月例会(第31回)のお知らせ

皆様

 報道でご承知のとおり、先の東日本大震災にともなう安全上への懸念から、会場となる早稲田大学は本年度の卒業式を中止しております。
 この措置に伴い、本年度末まで早稲田大学施設を研究会会場として利用することが難しくなっております。このため、3月例会の挙行を中止します。

 ご関係の皆様には大変ご迷惑をおかけします。どうぞご容赦ください。

2011年3月26日(土)午後3時から6時まで

今回の開始時間は、いつもより1時間遅く始まります。ご注意ください。

場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館5階第五会議室
>キャンパス地図

報告者 渡邉裕一
タイトル「16世紀アウクスブルクにおける貧民への木材供与―市参事会による救貧政策の一側面」

11月例会(第30回)のお知らせ

2010年11月27日(土)午後3時から6時まで

今回の開始時間は、いつもより1時間遅く始まります。ご注意ください。

場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第七会議室
>キャンパス地図

合評会 河野淳著『ハプスブルクとオスマン帝国』を読む

評者  薩摩秀登
     松園伸

10月例会(第29回)のお知らせ

2010年10月23日(土)午後3時から6時まで

今回の開始時間は、いつもより1時間遅く始まります。ご注意ください。

場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第七会議室
>キャンパス地図

報告者 大貫俊夫(学振特別研究員)
タイトル「シトー会修道院の保護形態ーRomaniaとGermaniaの狭間で」

5月例会(第28回)のお知らせ

2010年5月22日(土)午後2時から5時30分まで
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第七会議室
>キャンパス地図

共通テーマ「ドミニコ会と中世ヨーロッパの社会」
報告者およびタイトル:
三浦麻美(中央大・院)「ドミニコ会士アポルダのディートリヒの世界ー『聖エリーザベト伝』」
梶原洋一(東京大・院)「ドミニコ会厳修派改革と学位問題」

12月例会(第26回)のお知らせ

2009年12月19日(土)13時30分から
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第七会議室
>キャンパス地図

シンポジウム「12世紀ルネサンスの精神:甚野尚志氏の近著をめぐって
-西欧文明と12世紀の意義、思想史研究再考、「教会と国家」論の現在-」

司会     赤江雄一
趣旨説明   岡崎敦

報告
(1) 岡崎敦 「12世紀の西欧知識人をめぐる諸問題」
(2) 大月康弘「ビザンツ知識人の読書世界を想う」
(3) 根占献一「イタリア・ルネサンス期のヒューマニスト ―文化・宗教間の知識人」
全体討論
総括    甚野尚志